緑丘会紹介

公益社団法人 緑丘会の現況

所在地 東京都豊島区東池袋3丁目1番1号 サンシャイン60ビル 57階
法人登記 2012年(平成24年)4月1日 ※旧(社)緑丘会:1939年(昭和14年)5月4日
会員(本部会費納入者)
正会員 4,600名
賛助会員(在学生) 2,061名
特別会員(大学教職員) 11名 (平成29年3月31日現在)
理事長 島崎 憲明(昭和44年卒)
目的 国立大学法人小樽商科大学の行うキャリア開発教育に対する支援
および関連事業の運営支援、並びに就職支援事業の企画・運営、資金支援等を通じて、青年産業人材の健全な育成に寄与する。
(その他の目的) 上述の目的の実現に資するため、従たる目的として会員相互の親睦、知徳の向上を図る。また、小樽商科大学と連携して、企業の人材育成を支援する。

そのために次の事業を行う。

  • (1)大学生の社会人基礎力養成、就業力育成に関する普及及び啓発を目的としたキャリア形成支援企業セミナー」の主催運営事業
  • (2)キャリア形成支援のための大学における正課教育である「エバーグリーン講座」の運営支援事業
  • (3)キャリア形成支援のための高大連携事業実施に係る運営資金の助成事業
  • (4)キャリア形成支援のための地域、企業及び卒業生の連携事業実施に係る運営資金の助成事業
  • (5)緑丘オープンセミナーの開催事業
  • (6)国際的な視野に立つ人材育成を目的としたTOEICの受験費用に係る資金の補助事業
  • (7)学生に対しての就職活動資金の貸与事業
  • (8)その他公益目的を達成するために必要な事業

また、従たる目的は、

  • (1) 会員相互の親睦、知徳の向上を図る事にある。そのために次の事業を行う。
  •  (ァ)会報発行事業
    会報『緑丘』発行(年2 回)
  •  (ィ)ウェブサイト運営事業
    ホームページにより母校ニュースの紹介やイベント情報などを告知を随時行う。
    また、社員総会や講演会のお知らせを行う。
  •  (ゥ)戦没者記念塔運営事業
  •  (ェ)その他本会の目的達成に必要な事業
    会員相互の親睦会(新年交礼会、懇親会)、新入会員歓迎会(学位記授与式後)、
    新芽交流会(新卒者と卒後2~3 年目との交流会)、若手ホームカミングパーテイなど
  • (2)国立大学法人小樽商科大学との連携による企業の人材育成セミナー受託事業

■ 平成28年度 卒業者の就職(内定)状況 (小樽商科大学報道発表資料より) PDF PDF ファイル381KB

公益社団法人 緑丘会の概要

当会は1911年(明治44年)の母校開学に伴う第一回卒業生の輩出以来、約25年間は任意団体でありましたが、1939年(昭和14年)に基本財産100万円をもって社団法人として認可され、それ以来文部省(現文部科学省)所管の公益法人として、会員相互の親睦のみならず、母校の後援等公益性のある事業を行って参りました。

その後、1960年(昭和35年)母校創立50周年に際し、母校後援のための「財団法人小樽商科大学後援会」の設立申請をし、認可されました。この財団法人は、募金事業を行う際、所管官庁(文部科学省)より「特定公益増進法人」として認定されて、税務上の優遇措置をうけて参りました。

一方、母校支援の諸活動のためには、北海道内は勿論でありますが、特に中央政官界及び在京大企業のご理解、ご協力が不可欠であり、そのために拠点として東京都内に会館を設置すべく1977年(昭和52年)より会館取得募金活動が開始されました。同窓生の熱い想いと当時の中田乙一理事長(昭和7年卒、当時三菱地所(株)社長)の特別のご配慮により、1980年(昭和55年)4月23日、新築早々の「サンシャイン60ビル」57階の一角に「緑丘会館」が開設されました。

約45年から65年以前の往時にこれら二つの社団法人及び財団法人を設立した先輩各位の先見の明には、只々敬嘆し、深く感動するところであります。

当緑丘会の会員は、正会員(卒業生)、賛助会員(在学生)及び特別会員(大学教職員)で構成されており、諸事業活動を円滑に行うための主要収入源である年会費として、正会員が4,000円(従来の3,000円を平成17年7月1日より1,000円値上げしました。)、賛助会員は2,500円で、特別会員には3,000円の納入をお願いいたしております。

尚、特に文部科学省、さらに公益法人発足後の内閣府との諸折衝を迅速に行うことを考慮して、2002年(平成14年)両法人の登記上の本部所在地を「小樽市」より「東京都豊島区東池袋3丁目1番1号 サンシャイン60(57階)」に移転登記し、今日に至っております。

最新の状況としては、平成20年12月1日から施行された公益法人制度改革に 基づき、新公益法人への移行認定を得るべく検討を重ねて参りましたが、先ず財団法人小樽商科大学後援会が平成23年3月22日に 移行認定を受け、同年4月1日公益財団法人小樽商科大学後援会として登記を行いました。
さらに平成24年3月21日社団法人緑丘会も移行認定を受け、同年4月1日登記を行って公益社団法人緑丘会として発足いたしました。